三重県鈴鹿市牧田地区文化遺産三重県鈴鹿市牧田地区文化遺産

JPNlanguage
image
牧田地区の祭礼
後世に伝えたい景色がある。
scroll

牧田の土地に、
祭礼と文化の景色。

image

メッセージ
Message

鈴鹿市の真ん中あたりに位置する牧田地区。
昔の牧田は随所に林が広がるのどかな田舎であった。
それが一変したのは、1942年鈴鹿市制実施前後からである。

image

広大な平坦地を有する牧田地区は第2次世界大戦中、鈴鹿海軍工廠をはじめとして多くの軍関連施設が建設された。

戦後、軍関連施設の跡地に旭化成、本田技研が進出。
1963年には近鉄鈴鹿線が延長され、以後中央道路に沿って開発が進み市内有数の商工業地帯となった。
一方、牧田地区にある神社4社は延喜式内社。
平安時代から農耕儀礼として牧田の祭り事が脈々と続く。

image
image

祭礼のご紹介
About MATSURI

今週末のおすすめイベント

牧田公民館竣工記念イベント 第一弾

2020 前川定五郎翁のパネルと募集した定五郎さん『ぬりえ』を展示します。

10月5日発行の市広報配布のタイミングで左記のようなチラシが全戸配布されます。

その中から定五郎さんの『ぬりえ』を切り取って色を塗り仕上げて提出してください。

詳細は配布したチラシをご覧ください。

チラシのない方は下記まで問い合わせください。

牧田公民館内 牧田地区地域づくり協議会

TEL:059-390-0114

 

ぬりえはホームページからもダウンロードできます。

『ぬりえ』はこちらから

 

 

 

新着情報
News

一覧を見る